世界は破滅を待っている

 僕が本を好きになった本はこれだと思う。

中学生の時に友達が紹介してくれた本。

面白いな、と思って、その後、赤川次郎の小説を

沢山読んだなと記憶があります。