死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

久しぶりに、 ノルウェイの森を読みだした・・・

 

「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。」

ノルウェイの森から

 

ノルウェイの森を読むと思い出す、自分の人生の風景と言うか場面がいくつかある

あの頃の友達やら先輩やらは、今なにしているのかな

 

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 

 

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)